+Local

どうも、加藤です。
田んぼに稲も植わって、いよいよ米作り真っ盛りな感じがしてきました!

うちの田んぼの中で、こちらの田は、山から出てる沢の水を使っています。
サワガニもいる、綺麗な水なので個人的には結構気に入っています。

IMG_0766

でも、いまいち水持ちが悪い。
よく言えば、水の流れが出来ていいのかもですが、水がわんさかあるわけでもないので、できれば一定量はためておきたい。

ということで、実際に見たことも習ったこともありませんが、んなことも言ってられないので、自力で畔を塗ってみることにしました。
ちなみに、使っている鍬は、ホームセンターで購入した団地鍬という謎の名前の鍬ですw

IMG_0817

塗り塗りしてます。

やってみると、左官作業みたいで、個人的にはとっても面白いです。

IMG_0180

やっている作業を少し説明します。まず、草が多くなった畔を、草ごと削ります。右側。

IMG_0182

そうすると、たまにこんな穴が空いています。
モグラの穴だと思いますが、こういうのからも水が漏れます。

IMG_7592

で、削った所に、田んぼで練った泥をおきます。

IMG_0184

おいた泥を、鍬の背中で塗ります。

IMG_0186

これで、一連の流れは終了!あとは、ひたすら続けるのみ!
とりあえず、半分ぐらいは終わりました。だいぶ、水もたまるようになってきたかな。

IMG_0859

IMG_0845

残りの作業は、また今度!

2016.6.1

LOG, LIFE, FARM

+Local

FACEBOOK     INSTAGRAM

blog 最新記事

> すべての記事を見る

一緒に活動していただいた団体さま

© 2016 +LOCAL.