+Local

先日、書きましたが「みえ市民活動ボランティアセンター」さまで、
地域で活動している、面白い若手という感じで、僕は名張地区から参加させていただきました。

前で話す流れとして、主催側から先にご質問をいただいていいて、そのご質問に回答をする形式で進行されたのですが、質問の中にこんなものがありました。

日々、地域を盛り上げている活動の中で、これは一番伝えたい活動とはなんですか?

という、質問があったんですが、僕の答えは

実は、盛り上げていませんw

そもそもですが、僕は地域を盛り上げているとは、あまり思っていません。
僕の地域活動は、ドーン!と、何か打ち上げ花火を上げるタイプではなく、その地域にある文化や暮らし、魅力ある資源などの活用や価値を見直し、実は必要としている人に向けて、つなげるのことだと考えています。

なので、実際に滝之原のお米は美味しいし、農業にも自然栽培という可能性もある。と感じているので、継続しているのが現在です。もし、それで地域の活性化が起こっているのであれば、元々ある物で活性化しているだけなんだろうと思っています。

あえて、あげるとしたら、ちょっと思いあたるところもありますが、大したことではないので、割愛します。

12362888_936054853169445_3129071827231930766_o

1078981_936054849836112_7582155160971472814_o

元々ある資源の活性化でなければ、継続性がない。「暮らし」の変化は必要かもですが、その地域で本当に必要なのかは考えないといけないです。全ての地域で継続性があり、万能に使える盛り上げ方はおそらくありません。

生活必需品が全ての家庭の憧れだった頃ほど、物を求める世の中ではない現代では、もう少し一人一人が自分の豊かさを探し、行動できる時代に移ってきているのではと思っています。

ちょっと立ち止まって、自分にできることを考えたら、そんな思いに行き着いた気がしました。
僕は我が家の暮らしを組み立てるために、地域と共に歩く働き方を、生業とします。

初めて、ゲスト的に参加させていただいたシンポジウムは、非常に緊張もしましたが、楽しかったです!
貴重な場と、時間をいただき、滝之原の西山さんを始め、関係者の皆様には、感謝感謝です!
ありがとうございました!

2015.12.21

LOG, LIFE

+Local

FACEBOOK     INSTAGRAM

blog 最新記事

> すべての記事を見る

一緒に活動していただいた団体さま

© 2016 +LOCAL.