+Local

9月ももう後半。5月から多くの人が参加してくれた、滝之原の米作りイベント!
大阪からも、名古屋からも、三重からも、延べ人数で言えば約100人ほどが参加していただいているかな。
本当、嬉しい限り!みなさん、ありがとうございました!
そんな大掛かりなイベントも、いよいよ収穫の時がやってまいりましたー。
5日と21日に行った、稲刈りの様子や田んぼの僕なりの状況分析をご報告しますー。

今年の開墾地は、結果的には見事に減収

イベントへのご参加いただいた方々には申し訳ないんですが、開墾二年目の2015年は収量が減りました。。
要因はいろいろ、仮説立てて次年度に向けて、チャレンジしてゆきたいと思います!
肥料を入れないということは、失敗すればサクッと減収。
笑えないけど、笑うしかない厳しさがありますw

考えられることと、対策案

・昨年の秋冬に土の乾燥が足りない

土中の好気性生物(酸素を欲する微生物)の活動が不十分。
水が邪魔というよりは、酸素が足りないところに原因だろーなーと、想像しています。
今年の対策としては、穴掘り対策と水の通り改善用に暗渠の検討。

・窒素不足

昨年、藁も籾も残さなかった面があるので、今年は積極的に残したいなと思ってます。
また、蓮華やクローバーなどの豆科窒素固定作戦も検討中。

まずは、この二点。
ひとまず、秋冬はこれらの作業を進めます。

イベントは、和気藹々としてて楽しかった!

9月5日の様子

9月21日の様子

田植えから始めたイベントですが、収穫まで無事終えました。
先ほども書きましたが、大阪、名古屋、三重県から延べ人数100人くらいは見えたと思います。
多くの人と一緒に、自然栽培の米作りを体験してもらって、楽しんでもらえたなら嬉しい限りっす!
特に、お子さんももちろんなんですが、親御さんも一緒に泥んこになりながら、体験を楽しんでる姿が、本当に現代の象徴だなー、なんて思いました。
今一度、働いてご飯を得る大切さを、実感出来る機会になったのかなと思います。
どうですかね?やっぱり、お金の価値がよく分からないと、モノの価値もぶれちゃうので、体で感じることの大切さってあるんだなー、なんて実感します。

来年は、もう少し形を考えようかなとも思いつつ。
あと、ちゃんと滝之原の活動が、生業の一つに出来ればなんて考えています。

さて、秋冬は田んぼに穴掘るぞー!

農業豆知識

機械式の収穫の急所!

8月の後半から、本当に雨が多くて、今年の田んぼ農家は稲刈りがすごい大変。
えっと、きっとみなさんがイメージにあるのは、コンバインでババーッと収穫している様子ではないでしょうか。
滝之原の良いところでもあり、悪いところでもあるんですが、粘土質の土のため非常に土が乾燥しずらいところです。沼みたいなぬかるみに、重い機械を入れるとキャタピラのコンバインでもハマります!動けない!
こうなると、最終手段は手刈り!野球やサッカーのグラウンドか?と言う勢いの広さを、手刈りすることも。
まさに、仕事の進行が自然に左右される農家さんの仕事の大変さは、知らないことが多いですねー。

2015.9.23

LOG, FARM, EVENT, COLLABO

+Local

FACEBOOK     INSTAGRAM

blog 最新記事

> すべての記事を見る

一緒に活動していただいた団体さま

© 2016 +LOCAL.